thumbnail

【議論】武士の仕事って主に何だったんだ? | 仮想通貨ガチン子

2 :名無しさん@涙目です。(栃木県) 2018/11/12(月) 05:41:01 VEgH66QY0
武士の仕事って主に何だったんだ?
3 :名無しさん@涙目です。(秋田県) 2018/11/12(月) 05:42:12 Ez+N93Pw0
>>2
今とさほど変わってないでしょ。
4 :名無しさん@涙目です。(内モンゴル自治区) 2018/11/12(月) 05:42:21 x4nAUafhO
1日2食だと聞いたが昼と晩か?
そんな事はねえか
8 :名無しさん@涙目です。(WiMAX) 2018/11/12(月) 05:45:15 sJ50pQBm0
>>4
夜明けとともに働いて朝昼兼用のメシ
夏場なんかはクソ暑いから日中は働かない
7 :名無しさん@涙目です。(福島県) 2018/11/12(月) 05:44:20 APjeXJUf0
>>2
人によって違うけど公務員がやってることと同じだよ。
18 :名無しさん@涙目です。(家) 2018/11/12(月) 06:07:06 jLcg0uQ30
武士って刀もった事務員みたいなもんだぞ
20 :名無しさん@涙目です。(チベット自治区) 2018/11/12(月) 06:07:22 sHDUoI/i0
副業で商いだけはやったらダメなんだとか
ニュー速ならおっさん多いしその頃生きてた奴もいるだろ
実際どうだったんだ?
21 :名無しさん@涙目です。(秋田県) 2018/11/12(月) 06:10:23 Ez+N93Pw0
>>20
米で給料支給されて換金してたんだろ。
26 :名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) 2018/11/12(月) 06:22:35 MNkv1XMN0
>>20
江戸中期は副業してた
妻がして夫も手伝い
貧乏旗本以下は悲惨だったそうだ
33 :名無しさん@涙目です。(チベット自治区) 2018/11/12(月) 06:35:46 sHDUoI/i0
>>26
それでも常にきちんとしてなきゃならんのだから大変だな
身なりとか汚いと民衆からどんな目で見られるかわかったもんじゃないし
58 :名無しさん@涙目です。(茸) 2018/11/12(月) 07:25:46 eZYN4XTJ0
>>20
竹で傘や虫カゴ作ってたて見たよ
よくテレビで傘貼りがあるけど、骨を作ってたて。
144 :名無しさん@涙目です。(東京都) 2018/11/12(月) 11:50:33 LIZ7q7/o0
>>20
有料で仇討をする商売をコッソリ副業として始めてみたが、金の流れが大きいと義母にバレるので、
最大でも1両だが平均的には数匁、稀に銭数文程度のはした金で受注するようにした
結果的に時給換算では実益がほぼ無く、趣味みたいな感じになってしまった
161 :名無しさん@涙目です。(チベット自治区) 2018/11/12(月) 12:11:48 iZTRx4ek0
>>144
婿殿乙
22 :名無しさん@涙目です。(島根県) 2018/11/12(月) 06:11:53 3YK7WmPY0
たまに切腹するだけの簡単なお仕事
24 :名無しさん@涙目です。(埼玉県) 2018/11/12(月) 06:15:43 qQBUz5C10
日の長さによって時間が変わるから 今くらいの時期はほとんど働いてないよな
27 :名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) 2018/11/12(月) 06:26:36 0Z1lDTO40
今みたいに19時くらいに晩飯なんて暗くて食えないからな
16時くらいには食ってないとダメ
あとは寝るだけ
67 :名無しさん@涙目です。(チベット自治区) 2018/11/12(月) 07:37:24 iRHcQwEp0
>>27 それは燃料などの物資の乏しかった平安初期までだろ。
だから朝廷の語源は朝なんだ。
234 :名無しさん@涙目です。(神奈川県) 2018/11/12(月) 15:33:29 3SHqAQ7W0
>>67
燃料運ぶのも基本人力で大変だった時代に夜に大した意味もなく明かり付けてたとは思えないけどなぁ・・・
37 :名無しさん@涙目です。(大阪府) 2018/11/12(月) 06:47:14 sb/AYtzR0
その代わりに昔は盆と正月しか休みがなかったから、どっちがいいとは一概に言えんぞ。
47 :名無しさん@涙目です。(茸) 2018/11/12(月) 07:01:00 9mC0OKxQ0
>>37
ご近所で積み立て金制度を設けて「お伊勢参り」の休みを取れたらしいよ
50 :名無しさん@涙目です。(チベット自治区) 2018/11/12(月) 07:05:30 Lo4HcbgM0
悪代官って意外に働き者だったんだね
あんな夜遅くまで町民の家まで行ったり、作戦会議したりして
重役出勤出来るとはいえ、早朝には自分の本来の業務もあるから大変だろうね
悪行が一番忙しくて寝不足のところに、旅のジジィにアポ無しで家に来られたり
般若の面をつけた奴が不吉なカウントダウンしながら土足で家に上がり込むわで
甘い汁吸うにも一苦労だわ
84 :名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) 2018/11/12(月) 08:13:40 n15yx71W0
>>50
86 :名無しさん@涙目です。(茸) 2018/11/12(月) 08:16:23 6Z0D6XoS0
>>50
ひでー話だよなw
148 :名無しさん@涙目です。(長野県) 2018/11/12(月) 11:54:48 AI1myazw0
>>50
実際、代官は激務で過労死した人もいるそう。
51 :名無しさん@涙目です。(禿) 2018/11/12(月) 07:06:17 fp0b4/gr0
>>2
書記とか稽古なんてやってる
57 :名無しさん@涙目です。(東京都) 2018/11/12(月) 07:23:13 81LBewW30
>>2
普通に官僚だろ
61 :名無しさん@涙目です。(愛知県) 2018/11/12(月) 07:29:26 DQGPW56P0
健康的な生活リズムっぽいけど現代人より短命なんだよなあ
81 :名無しさん@涙目です。(北海道) 2018/11/12(月) 08:10:24 TaupH+1H0
>>61
流行り病で死ぬ、江戸の約七割の人間が梅毒になってたからねぇ。
216 :名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) 2018/11/12(月) 14:34:54 WXLsswgU0
>>81
え、そんなに梅毒になってたの?!
怖いなおい
225 :名無しさん@涙目です。(福岡県) 2018/11/12(月) 14:55:53 K7gZFOjz0
>>216
基本的に病気になれば神頼みだからなあ
地味に麻疹やインフルエンザもヤバい
盲腸とかも
69 :名無しさん@涙目です。(チベット自治区) 2018/11/12(月) 07:38:52 R6lRvir20
カッケの原因ずっと分からんかったしな
95 :名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) 2018/11/12(月) 08:46:46 B24DLQ7x0
例えば、勤務時間に遅れないようにといっても
リアルな現在時刻を知りようのない時代だよな
昔はみんな大雑把で良かったんだろうな
99 :名無しさん@涙目です。(catv?) 2018/11/12(月) 09:00:59 bARhTl8f0
>>95
太陽の位置で神社や街の鐘がなるので時間はそれに従う
260 :名無しさん@涙目です。(愛知県) 2018/11/12(月) 16:44:57 hxNfqrJP0
>>95
一刻(二時間)半刻(一時間)で時間管理の意識が農民に至るまであった。

農民の日記や文書には日付に時間まで記してあったがこれは世界的に見ても
稀有な例。

112 :名無しさん@涙目です。(京都府) 2018/11/12(月) 09:33:31 UEFw9tma0
大塩平八郎の事件で知ったが武士の仕事って
親の役職や地位もそのまま変わらず継ぐシステムだったらしいな
職業カースト的な
122 :名無しさん@涙目です。(茸) 2018/11/12(月) 10:34:27 5yGnAkqx0
>>112
地位は自動的には引き継げないよ 親子で町奉行って聞いたことあるか? 同じ組織に入ることは多いし、有利に働くこともあるが逆に不相応に高い地位を与えられて壮絶な虐めに会うこともある 
老中になるのも家柄と実力の両方が必要古参に気に入られつつ実力も身に付けるという涙ぐましい努力は不可欠
115 :名無しさん@涙目です。(東京都) 2018/11/12(月) 09:38:02 qS346vmA0
>>2
今の士業ってのは元々武士のやってた仕事なんだってさ
121 :名無しさん@涙目です。(空) 2018/11/12(月) 10:27:44 xY5rxrkP0
>>2
城勤なら帳簿とか
139 :名無しさん@涙目です。(禿) 2018/11/12(月) 11:38:27 WtqIY3mP0
>>2
役所とかわらんよ
何かの視察、視察と称した旅行。会と称した飲み会、食事会
暇な時は絵を書いたり、話したり、囲碁したりや
191 :名無しさん@涙目です。(庭) 2018/11/12(月) 12:52:26 emWRTBxa0
一年の半分働いたら後は遊べたとか聞いたことあるような
195 :名無しさん@涙目です。(東京都) 2018/11/12(月) 13:00:54 nN5TDB2r0
>>191
江戸の職人についてはペリーがそう証言してるね

ペリー曰く
日本の職人にはさまざまな休む理由が認められていて
やれ祭りで休む、花見で休む、花火大会で休む、縁日で休む、
雨で休む、風が強いから休むなどなど年の半分は休んでいる

192 :名無しさん@涙目です。(大阪府) 2018/11/12(月) 12:54:51 3ulPm0a60
時代劇で夜に移動屋台が
熱いうどんを売ってたが
火の扱いにうるさい江戸で
無理だろって思ったが
実際あったのかなぁ
203 :名無しさん@涙目です。(茸) 2018/11/12(月) 13:44:06 PKE/kZa50
>>192
火の扱いにうるさいから屋台で売ってたんだよ。
198 :名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区) 2018/11/12(月) 13:34:27 bhaI2hZx0
コピー機もエクセルもメールFAXもない
この書類をご老中さまと若年寄さま全員分を明日までとか大変そう
213 :名無しさん@涙目です。(東京都) 2018/11/12(月) 14:20:17 nN5TDB2r0
>>198
書記が居たし、ほとんどは口頭でやり取りする世界

現代みたいに複雑な表や書類をこねくり回したりしない世界だから
そういう問題はあまり無いだろう

199 :名無しさん@涙目です。(空) 2018/11/12(月) 13:35:14 Z93+169d0
意外と現代人と変わらない部分も多いんだろうな
刀振り回してる時代劇とかをタイムトラベルしてきた武士に見せたら
「こんなにしょっちゅう刀は抜かない(苦笑)」って感じに
221 :名無しさん@涙目です。(東京都) 2018/11/12(月) 14:47:18 nN5TDB2r0
>>199
生類憐みの令以降は武士たちが随分と慈悲深くなったそうだしな

ある武士の日記で昔は金を持ち逃げなどの軽い罪を犯した下人とか
捕まえたら刀の試し切りで切り殺してたのに近頃は簡単に刀を抜く者が
めっきり少なくなり仏のように慈悲深くなったと書いてる

有名な無礼討ちも江戸時代後半の百数十年で3件ほどしかなく
簡単には無礼討ちなど認められなくなっていた

256 :名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区) 2018/11/12(月) 16:18:21 aUZLZmWZ0
江戸時代は不定時法だったから
同じ一刻でも昼は長く夜は短い。
これで睡眠不足にならなかったのだろうか。
269 :名無しさん@涙目です。(福岡県) 2018/11/12(月) 17:12:03 K7gZFOjz0
当然電気はないが行燈の前で本を読んだり針仕事をしてたりする絵はあるんだよな
270 :名無しさん@涙目です。(兵庫県) 2018/11/12(月) 17:13:45 1tiFlxOJ0
電気無いしロウソク高えし
よほどの物好きじゃない限り夜ふかししねえだろ
そういう変わり者の夜ふかししてる奴が妖怪呼ばわりされてたんじゃないの?
妖怪の正体って

シェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

最新の投稿